nend1

Unjin(ECI | Kizen )韓国の気鋭アーティストが来日ツアー|神楽坂や奥州市など三都市で計四公演を行う

Unjin(ECI | Kizen )

 

UnjinECI | Kizen )の来日公演が東京神楽坂や岩手県奥州市などの三都市にて合計四公演が開催される。韓国ソウルのテクノDJ/プロデューサーとしてその名が急速に広まっているUnjin韓国初のテクノレーベル”ECI Korea”の創設者であり、別名義のアンビエントプロジェクト”Rainjacket”では想像力豊かでアブストラクトな作品等もリリースしている注目のプロデューサーの一人だ。

 

韓国テクノ文化の基礎を築く上で重要な役割を果たしてきた彼は、これまでRyogo YamamoriDJ Sodeyama/Drumcell/Mr. Jones/Jonas Kopp/Tony Rohr & Layton Giodaniなど多くのアーティストとコラボレーション。2016年にリリースされた’‘Fog Machine Remix EP”ではNess/Dorian Gray/Miller & Keane等も参加し世界的なテクノファンから大好評を得る結果となった。

 

更に、韓国のシーンを牽引するVurtのレジデントも務める一方で、海外でも活躍し「音楽の境界線を押し広げた」というUnjinの評判は国際的なものとなった。目が離せないアーティストの来日に期待は高まる。

 

 

 

東京の会場であるKGR’n Tokyo(w/神楽音)は現在様々な外国人が在住し、観光客も多く訪れる人気スポットの神楽坂に約二年前にオープンしたばかりのべニューだ。「音響設備はこの上無い程に力を入れている」とオープン当初からその噂は聞いていた。

 

奥州市の会場であるBugpipeは稀少なTurbosound(ターボサウンド)のスピーカーを採用した音響設備で常に出演アーティスト達を驚かせている。当然だ。多くのアーティストが慣れ親しんでいるFunktion-One(ファンクションワン)の創業者Tony Andrewsが80年代に作った代物だ。その環境でプレイする機会は海外でもなかなか無いはずだ。

 

来場者の方々はもちろんだが、この四会場の音響設備をUnjin氏には楽しんで頂きたい。また各都市の周辺環境もだ。特にその歴史は縄文時代以前から続いている(!?)という奥州市。そして、日本の中心部である神楽坂と代官山もだ。更に新着情報が届いた。東京は代官山(Débris)、山形は鶴岡市(TITTYTWISTER)での公演も決まったとの事。これで三都市、合計四公演となった。

昨年バンコクで共演でプレイしたUnjinPeat。東京公演ではVice CityDJ YAZIとのAsian Techno Conective Session。奥州市のBugpipeで再びPeatとの共演となる今回のUnjinのツアーは特別な物となるだろう。

 

 

 

- KAGURAZAKA 

 

Title:
Latchodrom

Date:
2019/10/19 (Sat)

Venue:
KGR’n Tokyo

Performer:
Live act
Unjin and Sunji (Tonal Unity / Korea)

DJ
Unjin (ECI / Korea)
Vice City (Oslated / Taiwan)
DJ YAZI (Black Smoker / Japan)

Fee:
Open / Start : 23:00
Adv : \2,000 / Door : \3,000
Facebook discount or with flyer ¥2,500

Official site
https://kagurane.com/


2016年にバンコクで生まれたパーティLatchodrom。タイとアジアを繋げる事をコンセプトにこれまでにDan Lo(ベトナム)Unjin(韓国)Haruka(日本)など精鋭なDJをバンコクに招待。今回は日本で初めての開催となり、韓国からUnjin and Sunji、台湾からVice City、日本からDJ YAZIを迎えます。テーマはAsian Techno Connective、ディープでセンシティブな一夜をお楽しみ下さい!

 

 

–  OSHU CITY 


Title:

ASPIRE

Date:
2019/10/26 (Sat)
Start 22:00〜

Venue:
音酔処Bugpipe

Performer:
GUEST DJ
Unjin ( ECI | Kizen ) from SEOUL 韓国

GUEST LIVE
Unjin and Sunji ( Tonal Unity )
from SEOUL 韓国

DJ
GARCIA ( Manhattan Records )
NOB ( agreeable )
PEAT

Fee:
Door : 
\2,000

 

 Biography 

Unjin ( ECI | Kizen )
Unjin is a techno DJ/Producer from Seoul, Korea and also known as Rainjacket – an imaginative abstract ambient project.
Originally from Seoul, Korea, Unjin’s international debut came with Miami WMC 2010 as Korea’s best electronic musician.
Since then Unjin is fast becoming known in Asian techno circles as one of top producers and DJs to watch. Unjin is the founder of Korea’s first techno label ‘ECI Korea’ , a platform to expose emerging domestic and international talents to the world stage.
As composer and producer, Unjin has played a key role in laying the foundation for a Korean techno culture.

In 2010, as a part of the duo East Collective, the first techno album ‘Spiral Sequence’ was released, receiving international recognition for the successful remixes of works for Ryogo Yamamori and DJ Sodeyama with Drumcell, Mr. Jones, Jonas Kopp, Tony Rohr & Layton Giodani, and inspiring many young Korean artists.
Under the ECI Korea label, Unjin’s first concept album ‘Kids In Seoul’ came to life with support from Djs 2000 and One, Abstract Division, Efdemin, Etapp Kyle, Troy Pierce. ‘Kids In Seoul’ explores techno culture and night life in Korea and beyond.

Released in 2016, ‘Fog Machine Remix EP’ with Ness, Dorian Gray, Miller & Keane and Unjin himself, gained huge international success and support from global techno communities.
While holding residency at Vurt Club in Seoul, Unjin tours internationally.

Host venues have included Tresor Berlin, London’s Ministry of Sound, Zouk in Singapore, Tokyo’s Womb and Air, the Sullivan Room in New York City, Spybar in Chicago, ℅ Pop in Germany, Ultra Japan, Midi festival, Shelter, Beijing’s Lantern and Sonar Korea.

Unjin’s reputation for pushing musical boundaries began back in the mid 90’s as one of Korea’s first underground indie musicians in Seoul’s relatively young underground music scene, grew through his imaginative live ambient solo project Rainjacket, and continues to develop in exciting new directions as an independent producer and DJ on the international stage.

 

 

 

NEW

 

 TSURUOKA CITY 


Title :
PHONOGRAPH 8TH ANNIVERSARY

Date :
2019.10.25(FRI)
OPEN22:00

Venue :
田音酒場TITTYTWISTER

Performer :

GUEST DJ
UNJIN(ECI/KOREA)

DJ’s
AJIKI(QUEST)
DERA(HALO/JOURNEY)
TATSUYA SAITO(PHONOGRAPH/HOUSE PARTY)
KOBAYASHI(PHONOGRAPH/LOCATE)

Fee :
DOOR ¥2000

Address :
田音酒場TITTYTWISTER
997-0003
山形県鶴岡市文下久保田1

Access :
遠方からお越しのお客様へ
鶴岡ICから車で約15分、JR鶴岡駅から車で約10分、旧国道7号線を鶴岡市街から酒田方面に北上
モスバーガーとサンクスのある交差点を経て、釣具屋とゲームセンターのはす向かい”麺絆英”さんと同じ建物内に田音酒場TITTYTWISTERはあります。

 

 

 TOKYO DAIKANYAMA 

Title :
Unjin and Sunji Live at Débris

Date :
2019.10.22 tue/holiday
19:00-24:00

Venue :
Débris Daikanyama

Performer :

-Live act-
Unjin and Sunji(Total Unity/Korea)

-DJ-
Unjin(ECI)
Qmico(QUALIA)

Fee :
entrance:1000yen