nend1

RAINBOW DISCO CLUB 2016 – UKの巨匠 Andrew Weatherall

2016年4月29日(金・祝)~ 5月1日(日)ゴールデンウィークの3日間。伊豆半島 稲取高原に広がる大自然に囲まれた東伊豆クロスカントリーコースにて「RAINBOW DISCO CLUB 2016」が開催される。12月の第一弾のラインナップ発表に続き、第二弾のラインナップも先日発表された。

RDC_2015_yusaku_12

「2016年のヘッドライナー。今年は誰か?」

この部分の予測を日常的な楽しみとしているヘッズの期待を、今年もRainbow Disco Clubは大きく上回った。第一弾のラインナップ発表でUKダンスミュージック界の巨匠 「Andrew Weatherall – アンドリュー・ウェザオール」 の名が発表されたからである。この名前を見た瞬間、長年エレクトロニックミュージックを聴いてきたフリークス/プロモーター/クリエイター達は、これまでの興奮や納得といった感覚に加え、今年は「妙な安心感」も入り混じった感覚を覚えたのではないだろうか。

IMG_6411

Andrew Weatherall – アンドリュー・ウェザオール

Primal Screamの1992年のアルバム「Screamadelica」のプロデュース、Junior Boy‘s Own(ケミカル・ブラザーズ、アンダーワールドを輩出したレーベル)の創設メンバーとしても知られており、その他、ベス・オートン、ドット・アリソン(One Dove)、ファック・ボタンズの作品にプロデューサーとして参加してきた巨匠であり、プロデュース以外ではビョーク、ニュー・オーダー、ハッピー・マンデーズ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、バナナラマ、セイント・エティエンヌ、ジェイムス 他多数のアーティスト、バンドの楽曲のリミックス、そしてワープ・レコーズと契約し、セイバース・オブ・パラダイスとして活動を始めたウェザオールは、その後流行する事になるトリップ・ホップムーブメントを先取りした作品をリリース。近年ではメンバー登録制のレーベルMoine Dubhを始動させたほか、フランスの古城にて自身主催のフェスティバルConvenanzaを開催しており、今年2016年1月に同タイトルを掲げた最新アルバムのリリースしたばかりで、来日するのは2012年のelectraglide以来3年半振りとなる。現在最も尊敬に値するプロデューサー/DJの1人だ。

 

おすすめしたい彼の作品は多数あるが、まずは上の最近のMIXを聴いてもらうのが初めてウェザオールの名を耳にする人には説明しやすい。「自身の音楽を貫くちょっとアナーキーな人」そんなアーティスト像がこのMIXからは伺える。春から夏に向かうこれからのシーズン。アウトドアシーンではもちろん、ドライビング、ホームパーティ、通勤時や職場のBGM等々、様々なシーンで大活躍してくれる事だろう!

続いてこちらのMIXは、少し高めのテンションを求めるクラウド向けの選曲。ウェザオールの引き出しの多さ、経験値の豊富さがこの幅広い選曲を生み出している。これが「妙な安心感」の理由かもしれない。

そして先日、Rainbow Disco Club 2016 第二弾のラインナップも発表された。

世界中で絶大な人気と影響力を誇る、オランダ・アムステルダムのレーベル”Rush Hour”から、看板アーティストの SAN PROPER、同レーベルのオーナー ANTAL、世界的な音楽情報サイト「Resident Advisor」のDJランキングで初登場にしてTOP100にランクインした期待の HUNEE、ジャパニーズ・ハウスの先駆者として有名な伝説のプロデューサー寺田創一の4名が RUSH HOUR ALLSTARS として出演。そして、ジャズ/サイケデリック/ロック/ソウル/初期のエレクトロニカをルーツに、唯一無二のスタイルで活躍するドイツのベテラン MOVE D。さらに、日本からはディスコ/ハウス、時代の流れにとらわれないオルタナティブ・ミュージックのパイオニアたち、瀧見憲司と井上薫の出演が決定した。

Rainbow Disco Clubは元々どこかしらに「余裕」を感じさせるオーガナイザー/プロモーターだったが、いよいよ今年は「貫禄」という形容詞もフィットする域まで達したように思える
今後発表される第三弾以降のラインナップ・コンテンツに、今年もまた大きなサプライズが隠れている事を期待して良いのは間違いないだろう。

IMG_6412

公 演:
RAINBOW DISCO CLUB 2016

日 程:
2016年4月29日(金・祝)9時開場/12時開演 ~ 5月1日(日)(2泊3日)

会 場:
東伊豆クロスカントリーコース特設ステージ

 

出 演:(約20組予定)
ANDREW WEATHERALL
RUSH HOUR ALLSTARS (Antal / Hunee / San Proper / Soichi Terada)
MOVE D
KENJI TAKIMI
KAORU INOUE
and more

 

料 金:
一般発売チケット(15,000円)
販売期間 2月1日(月)正午~4月28日(木)
オンライン販売:
楽天チケット http://r-t.jp/rdc

店頭販売:TECHNIQUE, LIGHT HOUSE, JET SET, GAN-BAN, ディスクユニオン(渋谷クラブミュージックショップ / 新宿クラブミュージックショップ / 下北沢クラブミュージックショップ / お茶の水駅前 / 池袋 / 吉祥寺 / 町田 / 横浜西口 / 千葉 / 柏 / 北浦和 / 立川 / 高田馬場 / 大宮)

駐車券(2,000円)
販売期間 2月1日(月)正午~4月28日(木)
販売先:楽天チケット (http://r-t.jp/rdc)

テント券(3,000円)
販売期間 2月1日(月)正午~4月28日(木)

当日券(17,000円)
*前売券が規定枚数に達しましたら当日券の販売はございません。
*夜間は自然を静かに楽しんで頂くため音止めを致します。

 

IMG_6413

 

RAINBOW DISCO CLUBとは?

 

2010年に東京を拠点にスタートした音楽とアートを結ぶフェスティバル「RAINBOW DISCO CLUB」は、良質なダンス・ミュージックを届ける日本の都市型イベントとして、世界的な音楽情報サイト「Resident Advisor」の「世界TOP 10フェスティバル」に毎年選出され、国内外から注目を浴びていました。

その「RAINBOW DISCO CLUB」が、2015年からは伊豆半島 稲取高原の「東伊豆クロスカントリーコース」で大自然に囲まれた野外フェスティバルへと大きく姿を変え、ダンスミュージックの本質を捉えた豪華ラインアップはもちろん、ハンモックカフェ、焼きたてパン、東伊豆の地元食材など充実のフードコート&バー、キッズエリアも備えており、のどかな環境の下、子供から大人までが一緒に楽しめる野外フェスティバルとして心機一転、生まれ変わりました。

これには地元静岡のテレビ局や新聞まで、多くのメディアから素晴らしい反響を得ることができ、日本のクラブミュージック・メディア「clubberia」の「Festival Award 2015」では、会場を新たにしてから初登場にして堂々の2位にランクイン。今年も絶對に行くべきフェスとして大きな期待が寄せられています

726A8085