nend1

音楽、アート、ファッション、政治哲学など各界注目の女性シンガー/プロデューサー Sevdaliza が初来日|RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019

 

レッドブルの都市型音楽フェス Red Bull Music Festival Tokyo 2019 48日(月)~20日(土)まで都内各所で行われる初日を飾るのはエレクトロニック、トリップホップ、グライム、アバンギャルドまで幅広い音楽ファンを魅了する、オランダ在住のイラン人女性シンガー/プロデューサーSevdaliza (セヴダリザ) で、今回が待望の初来日となる。


Sevdaliza(セヴダリザ)の名前は、日本であまり知られていないが、海外メディアでは2017年に「Dazed」マガジンが次世代のクリエイター100人をノミネートする「DAZED 100」で彼女を選出したり、「i-D」「FACT」など感度の高いメディアで高評価を受けるなど、今世界で注目の女性アーティストの1

 

2016年のRed Bull Music Academy卒業生でもある彼女の音楽は、エレクトロニック、パンク、トリップホップ、グライム、アバンギャルドなどさまざまなジャンルで表現され、ときにポーティスヘッド、ビョーク、FKAツイッグスと比較評価されることからも、彼女への注目度の高さが伺える。

 

 

 

また、政治的、哲学的な疑問を投げかけるリリックと彼女のハスキーヴォイスが作り出す緊張感は、聴く者を徐々に混沌としたクライマックスへと導く独特の世界観がある

2017年にリリースされたデビューアルバム『ISON』は世界中の音楽メディアが絶賛。ミュージックビデオにおいてもインパクトのあるヴィジュアル的なアプローチが全世界に衝撃を与え、馬を思わせる脚で二足立ちするSevdalizaが、男性たちの前で妖艶なダンスを披露する”HUMAN”YouTube1,500万回再生以上を記録。

 

5歳の時に政治難民としてイランからオランダへと移り住んだ彼女は、音楽シーンのみならず、その妖艶な容姿と美しく健康的な肉体美がファッションブランドY/PROJECTY/プロジェクト)の目に留まり、2019年秋冬ウィメンズコレクションではランウェイデビュー。またGivenchy(ジバンシー)のパーティでもパフォーマンスを披露するなど、ファッション界からも熱い視線を注がれてい

 

そんな彼女が今回『Sevdaliza’s The Great Hope Design』と銘打ち、初来日で披露するステージは、キーボード、ドラム、チェロ、コンテンポラリーダンサーを招き、自らヴィジュアルやライティングなど舞台演出にも徹底的にこだわるなど、単なるコンサートに留まらない、ストーリー性と芸術性に溢れた「舞台」ともいえるパフォーマンスを行う

 

アヴァンギャルドな音楽、スモーキーヴォイス、メッセージ性の高いリリック、脳裏に焼きつくダンス、そのすべてを彼女自身がデザインしているということが、本公演を唯一無二のものにし、数々の現代美術展やデザイン展覧会、演劇、ダンスを開催してきた東京を代表する文化施設「Spiral Hall」は、Sevdalizaの初来日公演を行うにあたって、これ以上ないほどふさわしい場所はないだろう

売切必至の本公演の前売チケット早めに抑えておこう。

 

 

TITLE
Sevdaliza’s The Great Hope Design

DATE
2019
48日(月)開場19:00/開演20:00

VENUE

Spiral Hall – Spiral 3F
(青山)

FEE
前売2,500

_________________

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019
レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2019

DATE
201948日(月)〜20日(土)

VENUE
都内各所

FEE
各公演によって異なります。


詳しくはオフィシャルサイトにて
www.redbull.com/tokyo
#REDBULLFESTTYO

レッドブル・ミュージック・フェスティバルとは?

これまで20年以上にわたって革新的な音楽フェスティバルやワークショップなどを行なってきたレッドブルが新しく手がける都市型音楽フェス「Red Bull Music Festival」。2017年の東京初開催を皮切りに、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、サンパウロ、トロント、イスタンブールなど現在では世界各都市に広がりをみせています。