nend1

rural 2018 が第二弾ラインナップを発表|新たな音楽体験と大自然が共鳴するオープンエアパーティ

 

714日(土)から16日(月・祝)に開催されるオープンエアパーティ”rural 2018”が第二弾ラインナップを発表した。サンフランシスコのシーンを長年支えてきた名コンビSolar & Mozhganを始め、重鎮Oliver Hoによる変名ライヴプロジェクトBroken English Club、ミニマリズムの美学を表現するシンセサイザー奏者Caterina Barbieriなど、常に最新鋭の音を求めてアップデートを重ね今や国内外から電子音楽フリークが集う祭典にまで成長したruralらしいチョイスだ。

 

サンフランシスコのシーンを長年支えてきた名コンビ<Solar & Mozhgan

テクノエレクトロ、ディスコ、パンク、サイケデリック・ロックに至るまで、息の合った二人は多種多様な音楽を聴かせてくれる。海辺のパーティの空気をそのまま持ち込んだような”Solar”の開放的なグルーヴが”Mozhgan”によるミステリアスでコズミックな闇の音色に彩られるとき、パーティは至高の瞬間を迎えるだろう。

 

Solar

 

Mozhgan

 

 

UKテクノ界の重鎮Oliver Hoによる変名ライヴプロジェクト<Broken English Club

自身の原点である90年代ハードミニマルを、アグレッシブなマシーンリズムは継承しつつ、ポストパンク、ダークウェイヴ、ノイズの要素や、有機的なパーカッション、自身の声を取り入れ、オルタナティヴ・テクノとも呼ぶべき音楽へと昇華さたOliver Hoによる変名ライヴプロジェクト”Broken English Club” Voidサウンドシステムが鳴らすUKレイヴミュージックの本領を体感して欲しい。

 

イタリア出身の才女<Caterina Barbieri

ミニマリズムの美学を表現するシンセサイザー奏者・作曲家である彼女が描く音は、どこか幾何学的な魅力があり、無限に続くようなループの奥深くまで聴く者の心を没入させる。ごくシンプルな電子音のパターンを遊ぶように操り、反復・合成・置換によってポリリズムを生み出す。

 

Broken English Club

 

Caterina Barbieri

 

 

 

国内外の優良テクノレーベルからリリースを重ねる<Wata Igarashi

15年以上の制作キャリアと確かな知識を持つ彼は、近年精力的に行っている国内外でのツアー経験を通じて、フロアを創る力を着実に強めている。昨年の”rural 2017”では、雨風をも制圧するダイナミックなライヴを披露。DJとして出演する今年も、持ち味のポジティブかつトリッピーな音で存分に踊らせてくれる事は間違いない。

 

辺境電子音楽を追求・発信する<Akiram En

東京は幡ヶ谷の最深実験場「forestlimit」を拠り所に、辺境電子音楽を追求・発信する”Akiram En” 彼を「特別な存在」にするのは、玄人が集い前衛音楽が絶えず流れるホームグラウンドの中で磨き抜かれた一筋縄ではいかない「選曲センス」と言える。ダンス/リスニングの文脈を問わず、その場にハマる最も奇異な空間を創造し、新たな知覚を感じさせてくれるはずだ。

 

以上の組を新たに加えて、現在までに計出演決定している。今後もまだまだ、エッジィなアーティストが追加される予定とのこと。尚、先日発売された早割チケットは僅か10分でソールドアウト。 ”rural”の注目は年々高まるばかりだ。

また、今回rural初の試みである「学割チケット」は、学生証の提示により8,000円というリーズナブルな料金で3日間のフェスを体験することができる内容だ。現在、前売チケット/学割チケットの販売と、会場内ホテル/バンガロー、オートキャンプ、東京から会場間バスツアーの申込受付を現在オフィシャルサイトにて開始中。

 

Wata Igarashi

 

Akiram En

 

 

 

OUTLINE :

TITLE :
rural 2018

DATE :
2017714日(土) – 16日(月・祝)
*前夜祭 713日(金)詳細は後日発表予定

VENUE :
長野県佐久市 内山牧場キャンプ場
385-00031 長野県佐久市内山352-1
http://www.shinkou-saku.or.jp/arafune/access.html

PERFORMER :
Broken English Club (Jealous God, Cititrax | UK) [LIVE]
Antenes (L.I.E.S., Bunker NY | US) [LIVE & DJ]
Solar & Mozhgan (We Are Monsters | US) [DJ]
Caterina Barbieri (Important Records | IT) [LIVE]
Vladimir Ivkovic (Salon Des Amateurs, Offen Music | DE) [DJ]
Jane Fitz (Night Moves | UK) [DJ]
DJ NOBU (Future Terror, Bitta | JP) [DJ]
Akiko Kiyama and ENA (JP) [LIVE]
Wata Igarashi (Midgar, The Bunker NY | JP) [DJ]
Akiram En (forestlimit | JP) [DJ]

and many more!

FEE :
前売チケット(16,000円)
*410日(火)18:00 オフィシャルサイトにて販売開始
https://ruraljp.com/tickets/

学割チケット(8,000円)
*410日(火)18:00 オフィシャルサイトにて販売開始
*ご入場時に有効な写真付き学生証(コピー不可)をエントランスにてご提示ください。ご提示いただけない場合は、当日料金(20,000円)との差額分(12,000円)をエントランスにて追加でお支払い頂きます。
https://ruraljp.com/tickets/
Oversea Tickets (16,000 JPY)
*Limited tickets will be available from Tue 10th April on Resident Advisor.

当日チケット(20,000円)
*前売が規定枚数に達した場合、当日券の販売はございません。

前夜祭チケット(2,000円)
*当日エントランスにてお支払いください。
*前夜祭のみでのご入場はお断りさせていただきます。

駐車場チケット(3,000円/1台)
*当日駐車場に入庫される際、エントランスにてお支払いください。
*車の出し入れは可能ですが、その都度料金が発生いたします。

オートキャンプチケット(13,000円/台)
*410日(火)18:00 オフィシャルサイトにて販売開始
*714日(土)から16日(月・祝)まで23日通しの料金となります。
https://ruraljp.com/tickets/

会場内ホテル/バンガロー宿泊チケット
*410日(火)18:00 オフィシャルサイトにて販売開始
https://ruraljp.com/tickets/

グランピング宿泊チケット
*4月中旬以降、オフィシャルサイト/SNSにて案内予定

東京から会場間の往復バスツアーチケット
*410日(火)18:00 オフィシャルサイトにて販売開始
https://ruraljp.com/tickets/

大浴場利用料 (大人600円・子ども300円)
*上記は各種電子マネーでお支払いいただいた場合の料金です。現金の場合、大人1000円/回、子ども500円/回になります。当日、施設入口の受付にてお支払いください。
*バスタオル、シャンプー、リンスなどのアメニティ類は一切ございませんので、ご持参くださいますようお願いいたします。
*混雑時には入場を制限させていただく可能性がございます。並んでお待ちいただく可能性もございますので、予めご了承ください。
*キャンプ場には、コイン式の簡易シャワーもございます。

NOTICE
入場チケットはキャンプ場使用料を含みます。
前夜祭、駐車場、オートキャンプ、会場内ホテル宿泊/グランピング宿泊、バスツアーには別途料金が必要です。

ruralとは?
音楽ファンの間で急激に支持を集めているオープンエアパーティです。卓越した審美眼により国内外から集められた「今、最も尖ったラインナップ」と、その場にいる者の感性を最大限に増幅させてくれる大自然、集う人の温かさ、そしてピースフルな空気の中に確かに感じられる爆発力。そのポテンシャルの高さは、世界的に信頼されるダンスミュージックメディア「Resident Advisor」による”Top 10 July Festivals”3年連続選出されている事実に表れているでしょう。
https://ruraljp.com