nend1

「稀代の科学者」が天才アーティストと共に豊洲に降臨|RICHIE HAWTIN & ALVA NOTO|MIRAI TOKYO – Audiovisual Media Art Show

RICHIE HAWTIN “CLOSE”LIVE TEASER MOVIE

 

現代最高峰のテクノアーティスト RICHIE HAWTIN リッチー・ホウティン)、ドイツの天才サウンドアーティストのALVA NOTO (アルヴァ・ノト)、今までありそうでなかった2人がそれぞれの最新オーディオ・ヴィジュアルを一夜で披露するツーマンライブが実現。

会場は都内有数のライブスペース「豊洲PIT 最新鋭の音響と空間、ここに高精度の大型LEDビジョン、ライティングを持ち込み、アーティストの望むままのステージセットでオーディオ・ヴィジュアルのダイナミックさを極限まで表現する。

完売必至のチケットは発売開始。詳しくはオフィシャルサイトにて。テクノ&電子音楽の豪華ツーマンライブに、東京の夜が複雑なリズムと重低音で揺れる。

 

 

RICHIE HAWTIN (リッチー・ホウティン)

1990年、リッチー・ホウティンは盟友であるジョン・アクアヴィヴァと共に自身のレーベル“PLUS 8 RECORDS”を設立。STATE OF MINDCYBERSONIK名義で音楽活動を本格的に始動。1993年には当時のテクノシーンの起爆剤となるプロジェクト、プラスティックマン名義の『SHEET ONE』を発表しセンセーショナルな活動を開始する。その後もFROM WITHINCONCEPTなどの別名儀で“PLUS 8”からリリースを重ね、ミニマルテクノという世界観を世界全土に浸透させていく。1998年には、自身のレーベル“MINUS”を設立。プラスティックマン『CONSUMED』のリリースをはじめ、数々の作品を世に放し続けている。2010年からの1年間は、PLASTIKMAN LIVEとしてエレクトロニック・ミュージックのステージとしては想像を遥かに超えるLEDスクリーンを駆使した革新的なライヴショーを引っさげ世界ツアーを敢行し旋風を巻き起こした。その後、2015年まではスペイン・イビザ島のクラブ「SPACE」にて、自身初となるレジデンシーパーティー“ENTER.”を開催。そのクオリティーの高さにヨーロッパのみならず、世界中の若者たちが“ENTER.”を体験したいが故にイビザ島を訪れるほどであった。“MINUS”レーベルの拠点をカナダ・ウィンザーからドイツ・ベルリンに移し10年以上経つ今も、スヴェン・フェイトやリカルド・ヴィラロボスなどのヨーロッパを代表するアーティストと共に世界のテクノシーンを牽引し、ミニマルテクノのパイオニアとして人間とテクノロジーの調和を音楽で表現し続けている。ヨーロッパ、北米、南米、アジア、オセアニアと全世界を飛び回り絶大な人気を誇る、まさに現代の世界的なトップスターである。
http://close.richiehawtin.com/
#RichieHawtinCLOSE

 

 

ALVA NOTO (アルヴァ・ノト)

本名カールステン・ニコライ。1965年、旧東ドイツのカールマルクスシュタット生まれ。ベルリンを拠点にワールドワイドな活動を行うサウンド/ビジュアル・アーティスト。音楽、アート、科学をハイブリッドした作品で、エレクトロニック・ミュージックからメディア・アートまで多彩な領域を横断する独自のポジションを確立し、国際的に非常に高い評価を得ている。彼のサウンド・アーティストとしての名義がアルヴァ・ノトである。ソロ活動の他、ミカ・ヴァイニオ、池田亮司、ブリクサ・バーゲルト(アインシュツルテンデ・ノイバウテン)、ビョーク、イギー・ポップなど注目すべき様々なアーティストたちとのコラボレーションを行い、その中でも坂本龍一とのコラボレーションにより、ここ日本でも一躍その名を広めた。2016年には映画『レヴェナント:蘇りし者』(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)の音楽を坂本龍一、ブライス・デスナーと共同作曲し、グラミー賞やゴールデン・グローブ賞などにノミネート。また美術の分野においては20158月より西武渋谷店エントランスに『chroma actor』が展示されている。20173月には市原湖畔美術館にて大規模な個展『Parallax』が開催された。2018年、アルヴァ・ノト関連の作品をリリースするレーベル“NOTON”を再始動。
http://www.alvanoto.com
http://www.inpartmaint.com/site/23391/

 

 

 

OUTLINE

 

TITLE
MIRAI TOKYO – Audiovisual Media Art Show

DATE
20181027日(土)開場・開演16:00/終演21:00

VENUE
豊洲PIT(東京都江東区豊洲6-1-23
https://toyosu-pit.team-smile.org/

 

PERFORMER

RICHIE HAWTIN [CLOSE – Spontaneity & Synchronicity]
ALVA NOTO [UNIEQAV]
ISHIJIMA [Openning DJ]

 

FEE
前売 8,500
当日 10.500

チケットプレイガイド:
イープラス http://eplus.jp/miraitokyo/
RA https://jp.residentadvisor.net/events/1165892
iFLYER https://bit.ly/2pqWPVb

主催
制作:株式会社ミスターフュージョン

協力
新豊洲フェス、東京花火大祭

WEB SITE
http://www.media-art.tokyo

 

RICHIE HAWTINの最新オーディオ・ヴィジュアル・ライブが日本初上陸

 

世界中のダンスフロアを揺らすテクノ科学者ことリッチー・ホウティン。日本においてもクラブやフェスティバルなどのDJパフォーマンスで絶大な人気を誇っているが、今回はそんな彼の音楽家でありアーティストとしての世界観とテクノロジーを詰め込んだ最新のオーディオビジュアルライブ「CLOSE – Spontaneity & Synchronicity」が日本初上陸。

現在リッチー・ホウティンはこのライブセットでワールドツアー中だが、CoachellaMovementなど巨大フェスティバルでのライブセットとなっているため、その膨大な機材やステージセットアップは、国内では実現不可能と思われていたなか、積み重なるミーティングを経て、ついにここに実現。

常に革新的な取り組みに挑戦してきたリッチー・ホウティンは、今回のプロジェクトで人間の創造性とテクノロジーを駆使してDJとライブの境界線に挑む。規則正しく刻むビートに、人間だからこその直感で即興テクノを作り上げていくその姿を、各機材に取り付けた無数のカメラが巨大スクリーンにリアルタイム投影。機材を巧みに操る姿を目にすることで、彼の意識・世界観そのものに没入することができるという。

 

RICHIE HAWTIN “CLOSE” 解説映像(日本語字幕付き)>

 

ALVA NOTO唯一無二の音響空間オーディオビジュアルライブ

 

そして今回は、坂本龍一とのコラボレーションで知られる天才サウンドアーティスト、アルヴァ・ノトことカールステン・ニコライのダンスフロア向け作品である”Uni シリーズ”3部作の完結編となるアルバム『UNIEQAV』から最新のオーディオビジュアルライブも同時開催!

ベルリン、パリ、ロンドンなどでソールドアウトとなった刺激的なサウンドとヴィジュアルがシンクロする圧巻のパフォーマンスを披露。卓越したセンスとテクニックで立体的なサウンドデザインを構築し、ミニマルでメディテイティブな側面とダイナミックでダンサブルな側面が完璧なバランスで混在する唯一無二の音響空間に没入せよ!

 

ALVA NOTO “UNIEQAV” インタビュー映像(日本語字幕付き)>

 

 

ALVA NOTO “UNIEQAV” ライブティザー映像>

 

Jordi Cervera | www.jordicervera.com