nend1

RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017|25日間 26会場 総勢310名のアーティストによるアフタームービーが公開


 
レッドブルが日本の音楽に”翼をさずける”をテーマに「レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2017」を10月22日(日)〜11月17日(金)まで開催した。計25日間、26会場、139組(310名)のアーティストによるパフォーマンスが繰り広げられ、総勢15,240人が来場。

KICK THE CAN CREW、水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカ、Nulbarich、大貫妙子、小西康陽、小室哲哉&脇田玲、DJ KRUSH、MURO、Joy Opposites、Seiho&Okadada、MERZBOW、ASA-CHANG、灰野敬二、蓮沼執太、Chip Tanaka、Ken Ishiiなどが登場した。ポップス、ロック、ヒップホップ、エレクトロニック、ノイズからゲーム音楽まで、さまざまなジャンルの日本の音楽にまつわるイベント、ワークショップ、レクチャーを約1ヶ月間にわたって都内各所で実施。そのオフィシャル・アフタームービーがついに完成。
 

 
また、レッドブルのオフィシャルサイトでは各イベントのライブレポート(写真付き)のほか、4方向からアーティストに囲まれてライブを楽しむユニークな演出が話題となった「SOUND JUNCTION」から、KICK THE CAN CREW、水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカ、Nulbarich、それぞれのライブ映像を公開中。

さらに音楽プロデューサー今井了介がヒットソングの生み出し方を教える「TINY VOICE WORKSHOP」のフルバージョン映像も公開中。
https://www.redbull.com/jp-ja/tiny-voice-workshop-full-video

今後は、DJ KRUSHによるパブリックレクチャー、ノイズとパフォーマンスアートの「ENTER THE NOISE」、一発勝負の即興セッション「ROUND ROBIN」など、注目イベントの数々を映像コンテンツで順次公開されるとのこと。そして、渋谷とアーティストをヴィンテージカメラで撮影した“時代を超えるフォトセッション”、タワーレコード渋谷の歴史と日本の音楽シーンを振り返るインタビューシリーズなど、WEBだけのオリジナルコンテンツや「SOUND JUNCTION」のスペシャルVRムービーも配信予定とのことだ。

まだまだ続く「レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京」をオンライン上でお楽しみください。WEBスペシャルコンテンツはコチラから!
https://www.redbull.com/jp-ja/events/red-bull-music-festival-tokyo-2017
 























 

 

__________________

TITLE:
RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017
レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京 2017

DATE:
2017年10月22日(日)〜11月17日(金)

VENUE:
都内各所(渋谷・恵比寿・六本木など)

主催:
レッドブル・ミュージック・フェスティバル実行委員会

後援:
一般財団法人渋谷区観光協会

http://tokyo.redbullmusicfestival.com
https://twitter.com/RedBullMusicJP
https://www.facebook.com/RedBullMusic
#redbullmusic